【FC2レビュー】「ゴムじゃなきゃダメだょ」アプリで知り合った18歳JKと3回目のエッチで生ハメ撮り!【素人動画屋さん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、FC2コンテンツマーケットより、素人動画屋さんの作品をレビューします。


(激ヤバ!)モデル級!超清純で天使な18才のJ彼女!

個人的に注目している素人動画屋さん、今回のモデルも『J』とのことです。
一体どのようにして、そのような若い子と知り合えるのか、不思議でなりませんが、
氏のようなイケメン(決め付け)には、我々の知る由もない特殊な力があるのです。
一見普通のJKだって、本当は人並みに好奇心があって、出会いを求めているんですよね。

『アプリで知り合った』などと聞くと、よく報道されているため心配にもなりますが、
そうやって女の側に『寝返られて』しまうのは、甲斐性のない脱落者にすぎません。
氏のような『女たらし』(決め付け)は、たとえストックが増えようと器用に立ち回り、
いざ関係を解消する時にも、後腐れのないように終わらせる能力に長けているのです。

神様。どうか私に、イケメンになれる薬を頂戴できませんでしょうか。
それが無理なら、絶対に出会えるアプリと、履歴の辿れないスマホをお恵みください。

 
 

と言うわけで、こちらが本作のモデルとなってくれた、Jの彼女(18)。
まだ在学中の原液で、氏の話によれば出会ったころはまだ処女だったとのこと。
それが3回目のセックスで、ハメ撮りまで許可してしまうと言うのですから、
いつもながら、最近の若い子の危機意識が低いことを、つくづく思わされます。

お顔はご覧の通り、誰だか分からないレベルにまで修整されてしまっていますが、
要所要所で薄くなったり、確信犯的にボカシの位置がずれたりするため、
概ねの雰囲気は、このボカシ越しに確認可能、ということになります。

 

で、彼女のこの服装ですが・・・・・
半端じゃないガチ感ですね。完全に、夏休み中のJKといった雰囲気。
まるで郊外のショッピングモールの、フードコートにでもいそうなその出で立ちには、
なまじ本当に最終学年なのか?という疑いすら持ちかねない、炉じみた印象があります。

 

そして服を脱がせると・・・・・
もう、語るには及びませんね。この大量のキ●ィちゃんが、すべてを物語っています。
彼女はまだ、エメフィールとも、アモスタイルとも、ピーチジョンとも出会う前の、
イトーヨーカドー3階婦人服売り場の中にいる、穢れを知らない無垢な少女でした。

 

ところが・・・剥いてみると、これがびっくり。
推定Dカップはあろうかと思われる、たわわなおっぱいがこぼれ出て、
女のカラダの仕上がりの早さと、若くして妊娠が可能になっていること思い知らされます。
このぐらいの歳の娘を持つお父様が、一緒に風呂に入れなくなる気持ちが分かりますね。
こんなカラダを見せられては、いくら我が子とは言え、勃起を禁じ得ないはずです。
それが彼女のように、若くて瑞々しいものであれば、なおさらです。

しかし多くのお父様は、知りません。
そんなかけがえのない娘のカラダが、こうして見ず知らずの男に弄ばれていることを。

 

彼女はフェラに抵抗があるようで、手コキで扱いてもらいます。
気が付けば恥ずかしさから、ずっと顔をガードしていた手はどけられ、
撮影者様によって、従順に手なずけられていることが見て取れます。
原液JKによる手コキ・・・一体、どれほどに気持ちの良いものなのでしょうか。
握力はどれぐらいで、体温はどれぐらいで、手汗のほどはいかがなものでしょう。
神様。なにもフェラとは言いません。どうか手コキだけでも、私に・・・

 

肉棒を見ながら扱くように指示する撮影者様。
彼女は拙い手つきでそれを弄りながら、鬼頭のあたりをまじまじと見つめています。
彼女にとってはこれが初めての肉棒ですから、きっと興味はあるのでしょう。
(へぇ、男の人のおちんちんって、こんなふうになっているんだ・・・)
そんな好奇心に満ちたような彼女の表情が、ボカシ越しながら、印象的です。

 

さて、攻守交替。ここからは撮影者様が彼女を気持ち良くさせます。
まずはM字に座らせ、ヨーカドーのおぱんちゅ越しに膣へと刺激を加えていきます。
ここで彼女は、まるで寄り添うようにして、撮影者様の腕にしがみついており
目の前の彼に対して、すっかりホの字であることが見て取れ、妬ましくなります。

 

そして・・・どちらからともなく、ここで熱い接吻・・・・・・
なんてスケベな女でしょう。この若さで、まだ3回目のセックスだと言うのに、
しっかりと男の求め方を覚えており、大人さながらのキスを交わしている・・・
彼女がつい先ほどまで、キ●ィちゃんのブラを着けていたことが信じられなくなります。

この後、激しい手マンに展開し、そこでも彼女はキスを求めます
結局、女と言うのは、彼女ぐらいの年代になってしまえば、
本能的にセックスというものを覚えてしまうのでしょうねぇ・・・

 

対面で座り、手コキと手マンでお互いを愛撫する二人。
それまで物静かだったはずの彼女からは、徐々に激しい声が漏れてきます。
ガチャガチャと、かなり乱暴にも見える撮影者様による手マンなのですが、
それが良いのか、それしか経験がないからなのか、彼女は快感を覚えているようで、
年端もいかない少女が、しっかり性の味を占めていることには、
ショックと劣等感で打ちのめされそうになり、強い絶望の念を覚えます。

 

いざ挿入。撮影者様は、当然のように生で挿し込もうとするのですが、
ここで彼女は、そんな無法を働こうとする彼に対し、こう乞うのです。

「ゴムじゃなきゃダメだょ?」

この一言が、なかなかに股間にきます。祈りとも、焦りともとれる微妙なテンション
そこには若いなりに、生挿入ということのリスクをしっかりと把握している彼女が、
それをしようとしない大人に対して、驚きと焦り、そして少々の恐怖を覚えつつも、
相手を傷付けたくない、嫌われたくないという『良心』が先行し、咎められないでいる、
そんな無知、経験不足、そして立場が下であるゆえの、人の良さが表れており、
その感情のすべてが最後の「ダメだよ?」のクエスチョンマークに集約されています。

そんな彼女の気も知らず、「最初ちょっと挿れるだけ」などと押し切って、
ルール違反とも言える、生ハメを達成させてしまう撮影者様。
数秒後には、彼女の方も、リスクなどすっかり忘れてアンアンと喘いでおり、
結局は快楽に対して貪欲であることに、若者の性の危うさを再確認しました。

 

その昔、とある文献で、「我慢汁でも妊娠する」というのを読んだことがあります。
FC2で、当然のように生ハメを行っている彼女たちは、分かっているのでしょうか。
いくら生の方が気持ち良いからと言って、外に出せばいいというものではありません。
そうやって妊娠して、中絶を余儀なくされ、初めてその恐ろしさを知るのでしょうが、
もはや後の祭りであり、彼女たちは精神的にも肉体的にも傷を負うことになります。
そして多くの場合、信用していたはずの相手の男は、何をしてくれるわけでもありません。
ちなみにその文献とは、東京大学物語という、童貞にとってのバイブルです。

 

体位は、正常位~バック~正常位~立ちバックと展開。
終始目を閉じて感じている彼女ですが、それは単純に癖なのか、
それとも羞恥のあまり、目を開けておくことができないのか。
いずれにしても、カメラが回っていることは、常に気になっているようです。

 

最後はまるでAVのごとく、『顔射』にてフィニッシュ。
原液JKの顔へ、撮影者様の邪念が見事なまでにぶちまけられます。
慣れない精液に顔を歪め、「ん~~w」と身動きを取れずにいる彼女の表情は、
どこか笑い混じりで、このアブノーマルなプレイを楽しんでいるようにも見えました。

 

総評

相変わらず顔モザこそ惜しいものの、雰囲気はリアル。そして被写体の若さにも偽りようのないものがあり、この年代がお好きな方にとってはそれだけで尊い映像となりそうです。いやはや、一体なぜ、彼女のような普通じみた子でさえ、出会い系アプリなどという危険な世界に身を投じ、年上の男にホイホイ騙されてしまうのでしょうか。ましてセックスだけに止まらず、生ハメ、そしてあまつさえハメ撮りまで・・・。すべては若さと、それゆえのリテラシーの乏しさに起因します。そしてそうした隙に付け込めることが、素人動画屋さんの最大の強み。なんだか物凄いペースで投稿されているようですが、くれぐれも『寝返られて』しまわれれぬよう、お気をつけて・・・。

 

(激ヤバ!)モデル級!超清純で天使な18才のJ彼女!

ルックス ★★★
素人感 ★★★★★
スケベ度 ★★★
男優 ★★★
実用性 ★★★

ルックスはボカシ越しながら、まぁなんとか、ほんとに辛うじて確認可能。
今風の派手な子と言うよりは、どこにでも居そうな、本当に普通の子です。
それこそショッピングモールで、いたずらっ子の弟を追いかけ回していそうな、
ごく一般的な中流家庭に見られる、間違ってもこんな撮影には不似合いな印象。
身体つきこそ成長が見られるものの、学年には疑問符が付くほどのウブさがあり、
そんな子が生ハメを決め込まれ、あろうことか顔射までされてしまう姿には、
色々な意味でショックですが、されどそれこそに着火点があると言えます。
原液好き、こと、いけない炉好きのオジサマには、まずハマるでしょう。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ