【FC2レビュー】まるで肝炎!本気でカメラを嫌がるJC風素人娘にハゲオヤジが覆いかぶさって・・・【北の円人さん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、FC2コンテンツマーケットより、北の円人さんの作品をレビューします。


18歳の薄毛娘はるちゃんに再戦を挑んでみた

ここをご覧の皆さんであれば、関西円光を知らない方はいらっしゃらないでしょう。
同列のスタービーチ円光や、広島円光なども合わせると、被害児童は百人以上に上ります。
被害・・・そう。時はまだ、今のようにインターネットが浸透する前の、2000年代初頭。
当時、出来たばかりの出会い系サイトなどを通じて、あまり深く考えずに手を染めたり、
あるいは騙されて出演させられたような少女たちは、そう言っても良いのかもしれません。

しかし今は違います。今はネットが生活に溶け込み、ITリテラシーも培われた時代。
その中で、自ら志願するかのように出演した者を、同じように呼ぶべきではありません。
むしろ対価を明確に把握し、望んで出演している以上、加害者と共謀していると言えます。
だのに法は男の側ばかりを罰し、“女は被害者”というスタンスを一向に崩そうとしません。
援助交際もそうですが、こんな時代になった以上、女の側にも罰則を設けない限り、
永久にこうした犯罪が無くならないであろうことは、もう幾度も語り尽くされています。

 
ところが、本作に出演している、彼女については・・・
一体なぜこんなことをしているのか、私には皆目見当もつかないのです。
そこには笑顔や、撮影者とじゃれ合っているような様子は、一切見られません。
まるで関西円光に出演した少女たちが、カメラの前で、終始怯えていたように・・・

 
 

と言うわけで、彼女は本気で嫌がっています。
撮影はもちろんのこと、隣にいる撮影者様に対しても、決して好意的ではない様子
実は二人は、この撮影よりも以前に、下記作品にてハメ撮りの撮影を終えていて、
その時の冒頭には、まだ笑顔とか、彼女の側に楽しげな雰囲気がありました。


SNSで知り合った薄毛娘にだまってゴム破って中出し

しかし途中から、撮影者様のある行動をきっかけに、一切の笑顔が消えます。
それは嫌がる彼女に対して、彼が適当に言いくるめながら生ハメを敢行したことです。
無言の彼女に、さすがにバツが悪くなったのか、途中からゴムを着用するのですが、
ルール違反を犯した彼に対して、彼女の笑顔が戻ることは二度とありませんでした。
なお上記の作品は、画質やカメラワークが悪い上、絡みもグダグダですので、
彼女のそうした心象の変化を見たいと言う方以外には、あまりお勧めしません。
元々顔は映さない約束だったようですが、その割には、ちょいちょい見えており、
こうしたところにも、彼女は「約束が違う」と欝憤を溜めていたに違いありません。

 

で、本作に帰結するわけですが・・・
じゃあ一体なぜ来たのかと言えば、まずもってお金ということになるでしょう。
初めの撮影の時も、彼女はSNSで、お小遣いをエサに釣り上げられたようです。
結局、大人しそうであろうと地味であろうと、お金が欲しいのは一緒なのです。
彼女たちの年代には等しく需要があり、その手には同じスマホが握られているのですから。
なお、初めの撮影の際には、彼女はまだ処女だったようで、なまじ嘘でもなさそうでした。

 

であればなおのこと、彼女が気の毒に思えてしまいます。
経験のある相手が、この気色悪いオッサンただ一人ということもさることながら、
尊い初体験が、そんな男から、身勝手に弄ばれるものだったということが・・・・
彼女は、その後の人生において、セックスを好きになれることはあるのでしょうか。
もし無いとしたら、それは間違いなくこの男が彼女に植え付けた、トラウマのせいです。
彼女が将来、好きな男性と巡り会い、愛のあるセックスを覚えることによって、
苦手意識と、この悪しき記憶を払拭できるようになることを、私は願って止みません。

 
 

しかし・・・
そんな私の気も知らず、奪うわけです・・・
チュパチュパと、いやらしい音を立てながら、彼女のを・・・・・・

ご覧下さい。一つ前の画像といい、彼女が露骨に顔を隠していることを。
これはルール違反をした男に対する、勝手にはさせまいという意思表示に見えます。
その様は、まるで第一次反抗期の子供が、親にイヤイヤをしているかのよう。
きっとこの頃には、間の悪そうな撮影者様も、彼女の異変を察したはずですが、
良くも悪くもペースを乱さずに、拙いハメ撮りを坦々と進行しています。

 

何をしても、うんともすんとも言わない彼女、
唯一見せるリアクションは、レンズが向くのを露骨に嫌がることだけ。
手マンをしようとクンニをしようと、彼女から声が漏れることは一度もありません。
完全に、この場が早く終わって、お金をもらって解放されることだけを望んでいます。

 

フェラをしてもらいます。一応、約束の範囲内のことはしてくれるようです。
そうした意味では、彼女はよっぽどフェアな子ですよね。
対する撮影者様は、彼女の態度があまりにもつっけんどんで釣れないからか、
半ば自暴自棄になっている感もあり、ちょっと大人げなく思えてしまいます。
彼女に舐めてもらい、自分が勝手にイキそうになっているくせに、
「ストップ!出ちゃう出ちゃう。」
などと高圧的に制止しているのには、さすがに呆れさせられました。

ああ、なんて気の毒な子なのでしょう。
私が彼女に、もっと優しく、セックスの良さを教えてあげたい・・・

 
 

そして撮影者様は、ここでもしら~っと、そのまま生挿入を試みます
しかしこの展開を何よりも恐れていた彼女は、身を仰け反らせて抵抗します。

「ゴム・・・」
「ん?ゴム?こないだ大丈夫だったでしょ?」
「~~~」
「やなの?」
「うん。」
「わかった。ちょっと待ってよ」

完全にへそを曲げた撮影者様。いよいよその大人げなさが際立ちます。
そして往生際悪く、それでも騙し騙し生挿入をしようとするのですが、
彼女の強い拒絶の意思に成すすべなく、しぶしぶゴムを着用します。
「ちょっと小さいな」などと、悔し紛れのセリフを吐きながら。

 

改めて、挿入。当然に彼女からは、喘ぎ声の一つも漏れてきません。
対する撮影者様は、この日までオナ禁をして相当溜め込んでいたようで、
「動くと出ちゃいそう」などと言いながら、ピストンを開始できずにいます。
まぁこれは、分からなくもありません。彼が彼女との結合を楽しみにしながら、
ここ数日を生きてきたことを思えば、今はまさに天にも昇る気分でしょう。
金と言うものの力だけで、少女を買う。これこそが個人撮影にあるべき構図です。

 

「ダメだ、出ちゃいそうだ・・・」「いったん休憩だ・・・」
そんなヘタレたことを言いながら、静かに腰を動かしている撮影者様。
しかしあろうことか、開始数十秒で、早くも暴発。なんて情けない・・・
まぁ彼女からすれば、願ったり叶ったりだったのでしょうがw

 

はるちゃん最終章 やっぱり最後は強制中出し

しかしこの男は、転んでもタダでは起きなかったようです。
上記作品は、不甲斐無さを埋めたい、そしてどうしても生ハメしたい彼が、
この撮影の直後、風呂場で強制的に中出しを決め込んだ映像のようです。
そして彼女はSNSのアカウントを削除し、そのまま音信不通に・・・
今もどこかで円を募集しているのか、それともこれに懲りて足を洗ったのか、
その答えは、誰にも分かりません。

 

総評

撮影者様がウザい(笑)良くも悪くも・・・いや、どちらかと言うと悪い意味でウザい。身勝手で大人げなく、もちろんそれは私が予てより言っている『我欲』が表れていて大変結構なことなのですが、ことこの方のそれは・・・(苦笑)きっと私がそう感じてしまうぐらいですから、多くの女の子にとっては『生理的にムリ』であるはずの男。そんな彼に、大切なヴァージンを奪われ、さらには勝手に生ハメや中出しまでされてしまった彼女が、なんだかとてもいたたまれなくなりました。あと、言わんとこうかとは思いましたが・・・これで1800ptは高すぎw顔はろくに映っていないわ、みこすり半だわで、撮れ高という言葉を使うなら不十分、欠陥だらけの映像であるにもかかわらず、この価格はちょっと傲慢と言わざるを得ません。値段について言及することは避けて来ましたが、さすがにこれはちょっと・・・そんなわけで、人を選ぶ作品になりそうですが、こうしたシチュエーションに萌えてしまわれる方は、覚悟を決めた上で特攻されてみてください。

 

18歳の薄毛娘はるちゃんに再戦を挑んでみた

ルックス ★★
素人感 ★★★★★
スケベ度 ★★
男優 ★★
実用性 ★★

女の子は私にはハマりませんが、地味な子が好きな方には抜群でしょう。
垢抜けなくて、無垢で、そんな子が、よりによって酷い大人に捕まってしまい、
その意に反して、勝手を働かれてしまう様に、高まる方は一定数いるはずです。
年齢は・・・極めてミステリアスですが、サンプル動画で判断されてみて下さい。
撮影者様は、キャラクターはさておき、女の子との約束事の取り決めについて、
守るなら守る、破るなら破るではっきりしないため、どっちつかずの作風になり、
それこそが受け手にフラストレーションを与えてしまっている気がしました。
ただ、この微妙な感じがハマると言う方も、少数ながら居そうな気はします。
この方が、生意気なクソギャルを相手にした時、どんな絡みが見られるのかには、
うっすら興味がありますが、この価格帯のままでは手を出そうとは思いませんw

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ