【FC2レビュー】ヤンキー校に通う金髪女子高生の数年後!若さと美貌そのままに、チャラいお兄さんと照れ隠しの本気エッチ!【ヤル男さん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、FC2コンテンツマーケットより、ヤル男さんの作品をレビューします。


【素人動画】第31弾 とにかく可愛すぎるみくちゃんと濃厚中出しえっち!

どうですか彼女。めちゃくちゃ可愛いですよね。
されどその可愛さは、決して昨今主流の『黒髪清楚系』に傾倒したものではなく、
ある意味では前時代的な、近年では少数派となりつつある『ギャル系』と呼ばれるものです。
アイドルが全盛を極める昨今、草食系とも揶揄されるようになったひ弱な男たちに、
自分より遥かに身分が上に見える、このようなギャル性は徐々に受け入れられなくなり、
それに呼応して女たちの容姿もナチュラル志向へと変わり、小悪魔agehaは休刊しました。

女子高生を見渡すと、主に地方の低偏差値校において、こうしたギャルは散見します。
それは彼女らのコミュニティが、ヤンキーという民族を中心に形成されているからです。
しかし卒業すると、男が職人として社会に出ていく一方で、女はやることが無くなり、
まるで吸い寄せられるかのごとく、こぞって『水商売』と言う名の闇へと溶けていきます。
若さでつぶしが効く20歳前後はまだ良いのです。しかしそれが失われてゆくに連れ、
ある者は惰性で家庭を築き、ある者はより深い闇へと堕ちてゆくことになります。
そんな水商売系、もとい『闇』の気配濃厚に漂う被写体を多く擁するのがヤル男さん。
そして、かくの如き“闇ガール”を好む男が多いことは、あえて語るまでも無いでしょう。

 

ダルそうな態度。さっき起きたかのようなテンション。
撮影だと言うのに、キャピ女よろしく、声のトーンを上げることもしない。
まるで底辺校の女子高生が、そのまま大きくなってしまったかのような子です。
基本的に主体性が無く、面倒なことが嫌い。学校は面倒だから、なるべく行かない。
しかし彼女には、そこにありがちなタバコの匂いや、非行への気配は希薄です。
主体性が無いがゆえ、周りに合わせているうちに、自分も派手になってしまった印象

「最近は引きこもってゲームばかりしている」と言う意外性のある報告もあって、
見た目には激しいものの、その実、内面は大人しい子であることが見て取れます。
この点は私にとって好印象。それは私自身が貧弱な草食系オタクであることから、
親近感を抱けるとともに、なんとなく“付け入る隙”が生じたように思うからです。
しかしこんな子を相手に、古き良き据え置き型ゲーム機の話を懇々と語っても、
わけのわからないスマホゲームの話で返され、会話にならないのが関の山です。

 

一筋縄では御せない、ましてこんなステージに呼び込むことは困難であろう被写体を、
ものの見事に懐柔し、FC2デビューさせてしまうのが、今夜レビューするヤル男さん。
新宿歌舞伎町選抜とも言うべきそのラインナップの中でも、彼女のレベルは最高峰で、
単純に見た目だけで言えば、そこいらで見掛けるTVタレントと何ら遜色はありません。

縦の糸はあなた。横の糸は私。
しかし私の糸がどれだけ彼女に絡みつこうと、彼女は身をよじらせてそれを避けるでしょう。
それほどに私の人生において交わることのない、会話することすら許されないであろう女が、
そのセックスを曝してくれるのですから、つくづくヤル男さんには頭が下がる思いです。

 

簡単な会話を済ませると、徐々に彼女の衣装を剥いていくヤル男さん。
持ち前のチャラい話術によって、コミュ障の気すら窺わせる彼女を紐解いてゆきます。
これが違う撮影者であれば、会話以前に、この場に来てもらえない恐れすらありますが、
そうさせないところに氏の手腕が窺え、それこそが氏が圧倒的に支持を受ける所以です。

今さらですけど、ヤル男さんって何者なんでしょうね。
9割方ホストでファイナルアンサーなのですが、これだけエロ動画を供給し続け、
常に機材を新調され、画質を追求し、アングルにまでこだわりを見せるその様は、
もう立派な手配師であり、販売者であり、AV男優であり、AV監督と言えます。

 

はい・・・出ちゃいました。超SS級ギャルの、あまりにも尊いお万個の登場です。
こんなものが無臭で見られてしまうのですから、つくづく良い時代に生まれたものです。
その経口は小さく、また色味がとてもフレッシュで、具合の良さを窺わせています。
そしてそこへ、ヤル男さんの大好きな『電マ』を、上から下から宛がわれるのですが、
ダウナー系であったはずの彼女からは、徐々に激しめの声が漏れ出てくるとともに、
その膣口がしっかり湿っていることが見て取れ、女に潜在するスケベさを再確認します。

 

結局、見た目には強がっていても、女と言うのは性に従順な生き物なのです。
こうした振動の前には成す術なく、その本性を曝け出してしまいます。
終いには彼女、ヨーグルト状の本気汁まで垂れ流してしまうことによって、
自身の性に対するポテンシャルの高さをお披露目することになりました。

 

オナニーには、幾ばくかの“やらされてる感”が付きまといます。
それはこれまでの彼女の受動的な人生を鑑みれば、極めて妥当と言えるでしょう。
彼女は「えっちは好き」とのことですが、それは自慰に耽ることではないのです。
誰かから刺激を供給されることによって初めて、彼女の中では“えっち”なのです。

 

それを証明するかのごとく、ヤル男さんの手が加わった途端、あっさりとマジイキ
こんなにやる気なさげな子でも、正しい刺激の前には抗えないんですねぇ。
イク前には、律儀に「あ~イク!あ~イク!」と4回も報告してくれました。
ここまでで前半は終了。残りの半分は、彼女からの奉仕~セックスになります。

 

まずはフェラ。意外に丹念で、好感の持てる竿さばきです
この外見ですから、風俗嬢御用達のジュボジュボ業務フェラを予測するところですが、
その口技は意外に拙く、彼女のこの行為に対する経験の少なさを裏付けています。
それもそのはず。彼女は引きこもり体質ゆえ、みだりに本数を増やす子でないほか、
肉体の成長に反して、精神的には、まだ女子高生とそこまで差異がないのですから
きっと特定の彼氏(オラオラ系)と、付き合いたての頃こそお遊びでしたものの、
徐々に照れ臭さが先行するようになり、遠ざかって行ったのではないでしょうか。
見た目が派手だからと言って、必ずしも経験人数が多いと決め付けてはいけません。

 

6分ほどの口技を終えると、いよいよセックスへ。
まずは騎乗位にてインサートし、腰の上で躍る彼女の痴態を楽しみます。
それまでの拙いフェラに反し、突如熟練の腰遣いを見せる様は、やはりと言うべきで、
彼女が、その本数に反して、(特定の相手と)『回数』はしっかりこなしていたことと、
結局、一方的な奉仕よりも、自身にも快感が伴う行程が最も好きと言うことを裏付けています。

 

バックで突かれるシーンでは、改めて彼女の遺伝子レベルの高さが浮き彫りに。
そして彼女の喘ぎは、ここで今日イチの盛り上がりを見せることになります。
バックが一番気持ち良いと言う女は実は相当数おり、彼女も例外では無いようで、
ついには本音であろう、「気持ちぃ」と言う言葉までが漏れ出て来ました。
引きこもりで、ゲームオタクで、コミュ障ですらあったはずの彼女ですが、
ひとたび肉棒で突かれてしまえば、他の雌と同じように声を上げ、啼き始めるのです。

 

最後はお約束の正常位で。ここでも彼女は、気持ち良さそうに声を上げます。
ラストは当然のように中出しを決め、滴り落ちる精液を接写にて収めます。
「どうする、子供できちゃったw」というお決まりの芸風で茶化すヤル男さんを、
ケラケラと笑いながら受け流しているところには、色々な意味で心配になります。

最後の最後まで、その『ローテンションな』スタンスを崩さなかった彼女ですが、
交尾中に聞こえたヨガリ声、そして手マンでのイキは、紛れもなく本物です。
現在、スカートを信じられないようなミニ丈に捲り上げ、通学している女子高生も、
大人になったら、彼女のように成長し、その痴態を見せることになるのでしょうか。

 

総評

被写体が抜群に可愛いですね。ヤル男さんは田中れいなとの見立てですが、私的には田中れいなよりもキツさが抜け、よりお菓子系に傾倒しているため、本人に勝るルックスを備えていると思いました。推定年齢は20歳ぐらいでしょうか。しかし頭の中はまだまだ女子高生が抜けきっておらず、ゆとりを帯びた義務教育というぬるま湯に浸り続けている感じを受けました。そんな等身大の引きこもり系SS級ギャルが、一流の手配師であるヤル男さんに勧誘され、本来であれば見向きもしなかったであろうハメ撮り動画に出演してくれました。エロさとか絡みの良さとかよりも、とにかくこの被写体のレベルの高さ、そして何を置いてもギャル性の光る作品です。女は黙ってギャルだろう!と言う昭和世代のオッサンの皆さん。週末は繁華街で叶わぬ恋に溺れるよりも、たった数千円払ってしまえば、ナンバー入り確実のS級嬢の無臭セックスが、未来永劫あなたの物になりますよ?

 

【素人動画】第31弾 とにかく可愛すぎるみくちゃんと濃厚中出しえっち!

ルックス ★★★★★
素人感 ★★★
スケベ度 ★★★
男優 ★★★
実用性 ★★★★

ヤル男さんの作品は、モデルの質が高いのはもちろんのこと、
画質やアングルといった面においては、非の打ち所がないほど洗練されています。が、
そこにこだわり過ぎるがゆえ、個人撮影にあるべき興を削がれている一面があります。
それは私が個人的に愛する、陰湿な空気感に欠けると言うことでは必ずしもなく、
撮影を意識するあまり、カメラ位置や画作りといった部分にばかり目が行っていて、
肝心な女の子が置いてけぼりになり、本能的なセックスが成立していないからです。
そしてキスが無いことも、そうした“熱量を欠いてしまう”一因となっており、
ハメ撮りと言うよりも、女の子のリアクションを綺麗に収めることに重きを置いた、
『イカセ物』という様相を呈しているようにすら、私には見えてしまうことがあります。
と、少し辛口なことを申しましたが、被写体のレベルが抜群なので実用性は高いです。

このモデル質で、キモメンやブサメンが相手の作品が見られれば、
永久保存版になりそうなものですが、世の中そう上手くはいかないのでしょうか(苦笑)

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ