【FC2レビュー】出勤帰りのキャバ嬢とスマホでハメ撮り!客には股を開かずとも、イケメンとは当然の生SEX☆【ハメぽよ!!さん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、FC2コンテンツマーケットより、ハメぽよ!!さんの作品をレビューします。


【個人撮影】ロ○セフレのキャバ嬢生ハメ中出しSEX+無おまけ【スマホ撮影】

こうした子を「前時代的だ」と思うのは、私がリフレ顔の女に毒されたからでしょう。
しかし世の中には一定数、こうしたドンキが似合うギャルを好む層がいることも事実。
現に私も、少し前までは、彼女のようなロリギャルの動画をよく使っていたものです。
ところが今、こうした見た目の女は、アイドルブームの台頭によって市民権を奪われ、
限られたコミュニティの中で、肩身の狭い思いを強いられることになっています。

そのコミュニティの中心にあるのが、東京は新宿、歓楽街の代名詞・歌舞伎町
そこでは髪の毛を金髪に染め上げた前時代的な女が、現在でも確かに生息しており、
先の尖った靴を履き、FFの主人公みたいな髪型をしたイケメンチャラ男たちから、
色恋混じりにコントロールされることによって、自己承認欲求を満たしています。

本作は、そんな男女が、接客業の仕事を終えて帰宅した後のお話。
面倒な客に辟易し、同僚の不手際に苛立ち、溜まりに溜まったストレスを、
一時の快楽で誤魔化しながら眠りにつき、また次の闇が訪れるのを待つ・・・
そんな刹那的な生き方をしている若者たちの、リアルな生態の記録です(全部妄想)

 

さて。再生するといきなり、彼女が撮影者様のイチモツに奉仕しているところから。
抑揚もなにもあったものではありませんが、この突発性こそにリアリティがあります。
メイクをばっちり決め、いかにも出勤帰りといった服装に身を包んでいる彼女は、
その大きな瞳で撮影者様を見ながら、なにやら照れ臭そうな笑みを浮かべています。

二人の間柄は『セフレ』とのことで、既に何度か手合わせを終えているだけでなく、
日常的にこうした撮影に興じていたことが見て取れる関係性も窺えます。
撮影機材はまず間違いなくスマホでしょう、それゆえの画角の狭さがありますが、
映像の精細度においては、もはや一般的なビデオカメラと遜色なくなってきました。
FC2コンテンツマーケットには昔から、古くはアギト君のような投稿者様による、
夜の男女が、東新宿のワンルームマンションで撮影したような映像が散見しますが、
後先考えない若者達が、この便利すぎる機材を手にしてしまったことの代償は、
もう少し先の将来、間違いなく火の粉のように降り注いでくることになるはずです。

※東新宿・・・新宿歌舞伎町からほど近い、水商売御用達の審査不要物件が乱立する集落。
同列に新大久保や西新宿、上位互換に四ツ谷、若松河田といったエリアがある。

 

で、こちらの二人ですが、主導権は完全に撮影者様の側にあるようで・・・
彼女がその口淫を緩めようとすると、「なに疲れてんだよw」などと言って、
笑い混じりに茶化しつつ、いつ終わるのか分からないそれを継続させます。
彼女が手コキに切り替えると、すかさず「なに逃げようとしてんの?」とツッコミ。
そんな彼に対し、「バレてるww」と笑いながら、再び竿にしゃぶりつく彼女は、
すっかり撮影者様に調教され、現状の危機感を麻痺させられていることが窺えます。

周囲には、銀行の封筒やらゲームのコントローラーやらが散らかっており、
こうした生活感も、個人撮影にあるべきリアリティを一層引き立てています。

 

「照れてんだか面倒くせーんだかw」
王子様・・・もとい、撮影者様によるこのセリフに、眉をひそめるでもなく、
むしろより嬉しそうなリアクションを見せ、奉仕の精度を上げてくる彼女。
いいですねぇ。私も死ぬまでに一度でいいから、こんなセフレがほしいもの。
しかし私が同じセリフを吐けば、まず激高したのちに灰皿を投げ付けられ、
用心棒のような男が出てきて、現金を根こそぎ奪われてしまうのが関の山です。

そんな人種格差に、いつものことながら敗北感に明け暮れていると、
再生時間は5分過ぎ、王子様より「挿れてごらん」という合図が出ました。

 

撮影者様は一切位置を変えることをしないまま、彼女を上に跨らせます。
ようやく一つになれたことで、彼女は目をトロンとさせ、ご満悦の様子。
腰の動きには拙さもありますが、それこそが若さを如実に伝えています。
キスもしているようなのですが、ここは画面外に見切れてしまっており残念。

 

しばらく躍らせておくと、騎乗位に疲れたのであろう彼女から、
「上来てぇ・・・」と、可愛らしくおねだりをされます。
ここで満を持して撮影者様が腰を上げ、彼女のパイパン万個に挿入(もちろん生で)。
なお本作は、こうした作風にはめずらしく、しっかり修整が施されています
※当サイトの修整は、元の映像にさらに大きいモザイクをかけています。

 

彼女、こんなDQNみたいな服を着ているため、ちょっと気付きにくいですが、
よく見れば、昔の明日香キララにも似た上玉と言えるのではないでしょうか。
それをもっと庶民的にして、キツさを抜いた上で素人感を加味したのが彼女。
ドレスを着せれば、それなりに場内指名も取れそうな嬢へと進化しそうです。
日頃、くたびれたリーマンから、卑猥な目で見られていることは間違いないでしょう。

「ねぇ、この後アフターしようよ。」

そんな誘いを何度断ってきたか、仮に押しに負けて食事までは行ったとしても、
犬がいるから!などと無理のある口実を盾に、即座にタクシーへ乗り込んでしまう。
そうしてやって向かう先が、こうした性的強者、すなわち勝ち組の家なのです。
隣に座らせるだけで数千円が消え、飲み物を飲むだけで諭吉が飛ぶような女を、
このように従順なペットとして手懐け、あまつさえ撮影まで漕ぎ付けてしまう格差には、
今すぐ人権団体を立ち上げ、性が平等に行き渡らない社会を糾弾したい衝動に駆られます。

 

体位は意外と充実しており、正常位~騎乗位~バック~正常位と展開。
要所要所で、顔と結合部がシームレスに見られるカメラワークがあるほか、
こうして撮影者様が腕をピンと伸ばし、画映りを意識されていることが窺えます。
これはスマホ撮りのような作風としては、珍しく気の利いた配慮と言えるでしょう。
であればもう少し良い機材を使ったり、自撮り棒を使ったりしてもよいものですが、
そうすることによって、この簡素な世界観が削がれてしまうことは否めません。
しかしスマホ撮りにおいては、せめて広角レンズのアタッチメントはほしいところ。
それだけで、映像の訴求力が見違えるほど向上するように思います。

 

最後は正常位で、当然のように中出しを決め込んでフィニッシュ。
素朴な疑問ですが、彼女たちは妊娠したらどうするつもりなのでしょうか。
「セフレ」と位置づけ、ネット上に販売までしてしまうような目の前の男が、
まかり間違って認知でもすると思っているのか、私はいつも心配になります。

そんな彼女は、自身の体内から流れ出てくる精液を感じながら、
「きもちぃ・・・」と、半ば放心状態で酔い痴れているご様子。
こうして母親になった女が、やれ保育園だと騒ぎ立てていると思うと、
政治家もつくづく頭が痛いということを、しみじみと痛感するのでした。

 

総評

個人撮影における一つの人気ジャンルである『リベポル』の色合いに近いながら、しっかりと王道の体位をこなし、『ハメ撮り』としての撮れ高をも備えています。二人の若さ、そして匂い立つ新宿歌舞伎町アフター6(AM)の雰囲気に、若者たちはこうやってセックスしてるんだなぁということを見ることができる資料的な映像でもあります。個人的な期待としては、こんな子にドレスを着せれば絶対に重要はあると思うんですよね。それこそFC2の客なんて、キャバ嬢にムラムラさせられているリーマン層がほとんどでしょうから、こうした被写体を安定供給できる氏のような方にこそ、リアリティのあるキャバ嬢たちの『本性』を暴いていただきたいところ。そうすれば世の中のお父様方も、余計な出費を控えることができて一石二鳥です(笑)


【個人撮影】ロ○セフレのキャバ嬢生ハメ中出しSEX+無おまけ【スマホ撮影】

ルックス ★★★
素人感 ★★★★
スケベ度 ★★★★
男優 ★★★
実用性 ★★★

女の子は可愛いですが、さすがにこの服装は・・・(苦笑)
逆に彼女が店さながらのドレス姿であれば、満点まで窺えたやもしれません。
確実に夜の世界に生きる女でしょうが、そこにありがちなスレ感はまだ希薄で、
彼女の見た目が推定10代であることからも、染まりきっていない印象を受けます。
これが二年経ち、声が酒焼けしてタバコの臭いなんかが漂って来るようになると、
私にとっては、いよいよ女としての魅力が無い、出汁の抜けた昆布のようになります。
そうではない、まだしっかりと上質なおでんに溶け込める素材であるうちに、
しっかりと味わって、次の昆布と入れ替えてしまいましょう。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ