【DIGITENTS】接客中に何度も昇天!JKリフレ嬢が欲しがりだったので何度もイカせてやりました☆【JKのプールに溺れて死にたいさん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、DIGITENTSより、JKのプールに溺れて死にたいさんの作品をレビューします。


【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっちVOL24 k3 プリティロリ天使 momoちゃん 前半

先日、皆さんの知らないところで、DIGITENTSが商品の大量凍結を行っていました。
いよいよここに来て、蔓延していた転売やガチ炉利の排除に乗り出したのかと思いきや、
そうしたものは生き永らえており、ちょっと基準がよく分からない状態にありました。
そんな中で、死にたいさんの作品は数少ないオリジナルで、被写体も炉でこそないはずが、
この網に引っかかってしまったようで、全商品がアクセスできない状態になり・・・

しかし経緯は不明ですが、数日後には晴れて元通りになりました。
以前にFC2ブログで、大量の誤凍結騒動というものが起こった時には、
『JK』や『制服』といったワードが、機械的にはじき出されていたようですが、
今回の一件も、そうした単なる運営のミスによるものだったのでしょうか。

いずれにしても、こうしたマーケットにある商品は水物です。
私自身も、欲しかった動画を買いそびれ、涙を呑んだ経験はごまんとあります。
思い立った時が買い時。『いつまでも あると思うな その動画』なのです。

 
 

そんなわけで、復旧によって無事確保することが出来た、今回のmomoちゃん。
危なかったぜ・・・私はまたもエロ動画で、悔し涙を呑まされるところでした。
そうでなくても、死にたいさんの作品は、何気に早期販売終了もありますので、
少しでもピンと来た方は、お早目の購入をお勧めいたします。

で、彼女ですが、今回も若さが素晴らしい子ですねぇ。
Kに見えないこともありませんが、私としてはもう少し上なのかな?と思います。
それほどに顔立ちが洗練されており、当然それだけでは確証には至れないのですが、
髪色の脱色具合が、卒業してようやく明るくできるようになった女のそれなんですよね。

遠目から窺う感じでは、アイプチなどケミカルな技巧も施した、アイドルルック。
キャンパスでは男受けする格好に身を包み、量産型を気取っている雰囲気があります。
そして何を隠そう、そうした大量生産された女こそが、リフレとの親和性が高いわけで、
デリやピンサロでは出会うことのできない特別感も、しっかりと醸し出しています。

   

客に紙パンツを履かせ、マッサージとは名ばかりのスキンシップを図る彼女。
それに対して死にたいさんは、可愛い可愛いと、まずは褒め殺し作戦のようです。
リフレ嬢にとってのマニュアル通りの時間、死にたいさんにとっては空虚な時間。
早々にそれを終わらせようと、「疲れるやろ?」などと言って、彼女を抱き寄せますw

 

JSが、カメコのキモヲタとハグするような時代ですからね・・・
彼女ぐらいの歳になれば、このぐらいは何とも思わないのかもしれません。
女が性的な道具にされていることは、この国に長らく伝わる、不動の真理です。
それがただ、最近は少し若返っているだけ。男の好む年齢が、引き下げられただけ。
アイドルの握手会が隆盛を極めていることが、何よりも分かりやすい証明です。

 

ただ、ここまでのことは、さすがに・・・w
いつもながら、死にたいさんの展開の早さには、驚くと同時に肝を冷やします。
死にたいさんの方に顔をうずめ、嫌がるでもなく無言で受け入れているmomoちゃん。
この時の彼女は、一体どんな心境なのでしょう。嫌がっているのでしょうか。
「またエロ客か」などと、諦め半分に呆れているのでしょうか。それとも・・・・
「ちゃんとお金もらえるのかな」なんて、強かな計算に耽っているのでしょうか。

 

耳をレロレロしながら、局部を刺激していきます。
彼女はすっかりイイ声で啼いており、なんだかまんざらでもない様子。
金銭の交渉はあらかじめ終えているものと予想しますが、果たして。

 

この時、バックグラウンドから聴こえるテレビの音では、
恐らく、『はじめてのおつかい』的な番組がやっているんですね。
屈託のない子供たちの声と、彼女の喘ぎ声の対比もなかなかに味わい深いのですが、
何よりも胸に刺さるのは、ついぞ数年前にはこうした状態にあったはずの少女たちが、
ほんの少し歳を重ねるだけで、性の悦びを覚え、信頼していた大人たちに『抱かれ』、
あるいはこうして、計算高く、その財布の中を狙っているということです

そしてその『価値観の切り替わり』の年齢もまた、どんどん若年化しています。
これはひとえに、彼女たちの間にインターネットやスマートフォンが普及し、
我々の頃には考えられなかっただけの情報に晒されているからと言えるでしょう。
今は少女たちが、いともたやすく、自分たちの若さを切り売りしている時代です。

 

パンティを脱がせ、そのままの流れで滑らかに挿入まで・・・
彼女は生理中だったようで、ここでは経血に染まったナプキンにもお目にかかれます。
私はちょっと専門外ですが、お好きな方にはたまらないシーンではないでしょうか。

特にこれといった会話がないため、彼女の心境は量りかねるところがあるのですが、
実はこの前半の前戯だけで、3度ほどカラダをヒクつかせ、イキ姿を披露しています
この後、キス同時正常位のシーンでは、彼女の側からキスを求めるような場面もあり、
彼女が死にたいさんに惚れたか、単純にスキモノである可能性すら出てくるのでした。

 
前半はここまで。キャプでは端折りましたが、この時点で第一挿入まで見られますので、
気になった方は先に前半をゲットされ、気に入ったら後半も検討されると良いでしょう。
基本的に尺のほとんどが愛撫に終始するため、起伏には幾ばくかの乏しさもあるのですが、
入念に仕込んだ末の初めてのジョイントには、共感も相まって高まるものがあります。

 
 

【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっちVOL24 k3 プリティロリ天使 momoちゃん 後半

さて、後半です。本作は前半27分・後半27分に分けられているため、
特に場面で区切らず、単純に尺を二分されているものと思われます。
実は前半の時点で、彼女はこれだけ受け入れ態勢万全であったにもかかわらず、
「中に出しちゃラメッ」なんて、可愛らしく要求したりもしているのですが、
果たしてその願いが、この裏オプ魔人に通じることはあるのでしょうか。

 

まずは前半から始まっている正常位の続きです。
いいですね。キスを同時に行うことで、対象の上下の万個を同時に楽しめます。
リアクションが良いためか、死にたいさんはいつもに増して責め方が入念で、
彼女のイイ所を最適なリズムで突くために、模索しながらコトを進めています。

 

体位のバリエーションも豊富です。
こんな風に、寝ながら正常位をするようなレアな体位にも挑戦されています。
『密着感がパナイ運河』とのことですので、皆さんも試されてみてはいかがでしょうか。
死にたいさんの作品には、こうしたセックスのハウツーという側面もあるのが特長です。

 

彼女を上に乗せて、激しく突き上げます。
そしてご覧のようなリアクションも。彼女は、とても正直な子のようです。
ここでは結合部もよく見えるのですが、ゴムは着けていないことが分かりますw

 

背面騎乗。こうした奇抜な体位でも彼女は、しっかりとヨガっています。
根本的に、性のポテンシャルが高い子なのでしょう。
量産型JDというのは、往々にして、セックスが好きな傾向にあるのです。

突然の要望になりますが、ここでカメラの方を向いてくれると非常にgoodでしたね。
顔と結合部が同時に見られる、またとない抜きどころとなったように思います。
変に撮影を意識することで、本気度が薄れてしまっては本末転倒ですが・・・
無論、被写体にレンズの方を向かせるというリスクも看過できません(苦笑)

 

本作は、死にたいさんの持続力が、いつもにも増して長く感じられます。
途中で休憩を挟みつつ、金で購入した時間を、目一杯楽しまれています。
しかしまぁ、リフレ嬢も肉体労働ですよねぇ・・・
こんな接客を一日に何度もすれば、体も精神も完全にすり減るでしょうに。

 

ラストはご覧の密着正常位にて、死にたいさんが力なく崩れるところで終了。
フィニッシュは辛くも外でしょうか、彼女に「ウフフ」と笑いが見られることからも、
ギリギリ離脱は間に合ったように見えます。辛うじて彼女の希望は通じたようです。
きっとその腹上には、血と精液で混じった苺ミルクが拡散されたことでしょう。

JKリフレ。それは10代の若者に大人気の、ちょっと危険なアルバイト。
運が悪ければ、望まない妊娠をさせられたり、命の危険に見舞われたりすることもあります。
しかしそれを置いても、今までに見たこともないような札束を握ってしまうと・・・
病み付きになって、元の世界になど戻れなくなってしまうのかもしれません。

 

総評

いつもながら、他の作品では決して見ることのできない稀少なシチュエーションです。その中で本作は、絡みがより濃厚で、純粋にセックスの盗撮風作品としても見どころは十分にあると言えます。こうした金銭の上でのセックスという状況ではめずらしい『イキ姿』も見られるため、性的ポテンシャルの高い子の絡みがお好きな方は必見です。個人的な要望としては、もう少しお顔が分かると良かったかなぁと。盗撮風作品の場合、そうした撮れ高の点には必ずしも期待すべきではないのですが、このところ仕込みが安定し、画質も向上されてきている死にたいさんだけに、もう一声を求めたくなるところ。当然、あえてそうしない理由も重々承知のところではあるのですが(苦笑)JKリフレという近代の闇を捕らえた、唯一無二のシリーズの最新作です。いつまでもあるとは限りません。気になった方はお早めにゲットされますよう。

 

【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっちVOL24 k3 プリティロリ天使 momoちゃん 前半


【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっちVOL24 k3 プリティロリ天使 momoちゃん 後半

ルックス ★★★
素人感 ★★★★
スケベ度 ★★★★
男優 ★★★★
実用性 ★★★★

顔撮りに期待を込めて、あえてルックスは一点削っていますが、
可愛らしさは充分に見て取れ、量産型JDがお好きな方には受け入れられるでしょう。
と言うか、量産型の女が嫌いな男なんて、いるはずがありませんよね。
男受けの良さを究極まで追求した結果が、こうした均一化されたルックスなのですから。
激しい絡みの中に、いつものユーモアもしっかり織り交ぜられており、
安定してはいけないようにも思いますがw、安定した作品と言えるでしょう。
あらゆる感覚の麻痺したリフレ嬢たちの将来と、DIGITENTSの地盤の緩さが心配です。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ