【DIGITENTS】塩対応なリフレ嬢を、大人の力でねじ伏せて生ハメしちゃいました☆【JKのプールに溺れて死にたいさん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、DIGITENTSより、JKのプールに溺れて死にたいさんの作品をレビューします。


【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっち VOL11 真っ白素肌のk3 まゆなちゃん

更新が停まって3ヶ月が経過した『死にたい』さん・・・心配です。
もし氏の身に何かあるとしたら、SNSなどを通じて出会った『個人』案件でしょう。
そこにうっかりアンダーなどが紛れていれば、その子が補導されて、芋づるで・・・
といったリスクが考えられるため、個人取引は本当に慎重に行う必要があります。
じゃなかった。円光ダメゼッタイ。死にたいさんのさくひんはぜんぶやらせです。

逆にリフレ案件で、氏の身に何かがあったとは考えにくい気がします。
たとえ嬢や関係者が動画の存在に気付き、何らかのアクションを起こそうとしても、
あくまで自由恋愛というテイなので、被害などを訴え出られるはずがないからです。
金銭の授受があったことが発覚すれば、その瞬間、嬢も店もタイーホされるわけで、
特に店側は、面倒なことに巻き込まれたくないため、黙殺させようとするでしょう。
無論、嬢が玉砕覚悟で、しかるべき組織に訴え出たとすれば、話は別ですが。

そう。JKリフレ嬢は、法律によって守られていません。
責任はすべて自分で背負う必要がある、ハイリスクハイリターンな仕事なのです。
そして仮に何らかの行動を起こされたところで、動画の所在はDIGITENTSです。
この、海の向こうにある・・・のかどうかも分からない、謎に包まれた組織が、
蝿が一匹とまったぐらいで、有力な投稿者様の情報を開示するとは思えません。
いやはや、つくづく、本シリーズで晒されてしまった嬢は気の毒ですね(苦笑)

 
 

と言うわけでこちらが今回、死にたいさんの餌食モデルになったリフレ嬢。
んー、ちょっと大人っぽいかな?歳の頃は20歳ぐらいに見える気がします。
悪く言えば、『JKを終えたにもかかわらずJKブランドにすがるBBA』ですが、
彼女は顔が可愛らしいので、特別に許可することとします。

なお、この画は、本編中では見ることができません
恐らくはあまりにも顔が分かりすぎるため、編集上あえて省かれたのでしょう。
余計なことを彼女も承諾済みとは言え、顔バレは嫌でしょうから、当然の配慮です。
このため、鑑賞に臨む方は、別途この画像を保存し、確認するようにしましょう。

 

始まりました。いつも通り、乳首を舐めさせるところから始める死にたいさん。
もしかして、(表向きの)リフレにおける究極のサービスが、これなのでしょうか。
非エロのリフレ嬢でさえ、なんとか許容してそうな範囲内です。今度試してみよう。
なにせ相手は、紙パンツを履いて、ほぼ全裸で横たわっているわけですものね。

 

彼女は、これまでの死にたいさんの作品の被写体と比べ、少しツンとした印象で、
歳を喰っているせいもあってか、ちょっと容易にはいかなさそうな感じがあります。
これまでの嬢は、「えーダメですよぉ///」なんて言いながら股を開いてきましたが、
彼女にはしっかりと、ダメなものはダメ!と制御しそうな凄みがあります。

あー、これはもしや苦手なタイプか?と思いきや、氏はむしろ興奮されるようで、
さっそく、尻を手の届く場所に寄せ、さわさわとソフトタッチを始めていきます。
マイナスからのスタートをものともせず、積極果敢に責め立てる死にたいさん。
すると、彼女の反応は・・・・・

 

うっ・・・

これ、今までの作品で見られたリフレ嬢が、恥ずかしがっている感じでなく、
「お客さんルール違反はダメですよー」と言わんばかりの、毅然とした語調です。
堅い嬢。私であれば、この時点で豹と対峙した子ジカのごとく戦意を喪失し、
乳首を舐められながら、タイマーが鳴るのを延々と待つことになりそうです。

 

しかしこの方は、百戦錬磨のリフレ王。もはや信じるほかありません。
今回ばかりは私も、代われ!などと思わず、謹んで展開を見守りたいと思います。
これだけツンとした子。キツい子。堅い子を、いかに懐柔し、本番へ持ち込むのか。

「ビショビショやで」
「んふふ」
「濡れやすい?」
「うん」

フーン・・・ツンツンしていても、触られれば濡れるんですね。
あまり認めたがらない様子ですが、死にたいさんはめげずに愛撫を続行します。
努力は必ず報われると、かつてAKBのリーダーであった高橋みなみは言いました。
報われない努力があるとしたら、それはまだ努力ではないと、王貞治は言いました。

 

すると2分後には、ご覧のような状態に(笑)
堅いリフレ嬢が、百戦錬磨の死にたいさんの手に堕ちた瞬間です。
しかしこの時点で、まだ彼女は、視線をぷいっと横にそらしたままのようで、
完全に籠絡したとは言い難い状況にあり、氏は引き続きアプローチを行います。

 

 

 

うーん・・・しんどいですねぇ(苦笑)
私であれば、タイマーが鳴る前に、急用を思い出したフリをして切り上げたくなります。
こんなの、サービス地雷ですよ。いくら顔が良くても、この塩対応はいただけません。
黙って股を開くならまだしも、これで裏NGだとしたら、詐欺もいいところでしょうよ。

 

しかし死にたいさんはそれでも折れません。努力が足りないだけなのです。
「汚れるから」と言って下着を脱がせ、直接クリに刺激を加えていきます。
するとここで、にわかに彼女から漏れる『気配』を感じ取ったようで・・・

 

なんと・・・・・

これで本当に、彼女の牙城が崩れたと言っても良いでしょう。
こんなものは、いよいよ表向きのリフレでは行われざる行為です。
『リフレ嬢』という曖昧な女が、明確に『風俗嬢』に変わった決定的瞬間です。

しかし、これはあくまで自由恋愛。仮に業務として行っていれば、
店が届出を行っていない限り、風営法違反で摘発されてしまいます。

 

そして流れに身を任せ、死にたいさんはしれっと挿入までチャレンジ。
しかしここはさすがに、堅い彼女が拒否した模様(音声はピー音で聞こえず)。
その後もしばらくピー音が続く間、『大人の交渉』が行われていることが窺え、
結局この女は、支払いが行われないことに対してむくれていたことが分かります。

きっとマナーの良い客であれば、初めに内容の確認と支払いを済ませるのでしょう。
そうやって始まったプレイには、彼女も違った対応を見せていたのかもしれません。
しかし彼女の目の前にいるのは、究極にマナーの悪い客です。
あわよくば基盤を行おうとする、ルールもへったくれもない業界荒らしなのです。

※基盤・・・『基本料金で本番』の隠語。本来は風俗業界で使われている言葉。

金、カネ、かね。女が考えるのは、いつも金のことばかり。
上っ面の笑顔も、一見マメなブログもツイートも、すべては金に帰結しています。
でなければ、ちょっと無理のある制服を着て、おっさんの相手などしないのです。
すべてのリフレ嬢は、接客が好きだからではなく、金のためだけに働いています。
きっと皆さんが与えた高価なプレゼントも、質草としてしっかり換金され、
あわよくば、もっと金目の物をよこせと思われていたに違いないのです。

 

長い交渉(この間もピー音。ただしノーカット)の末、ようやく挿入へ。
しかしここでもまた、しれっと生で挿れようとする氏に対し、NGが入ります。

「ゴム着けないの?」
「着けない」
「ゴム着けないとちょっと・・」
「無いもんゴム」
「えーーー」

自身の肉棒を見せ、「なんともないで」などとうそぶく死にたいさん。
問題はそこじゃねーよwということは、氏が一番よく分かっているでしょう。
それに対して、「ちょっと怖い」などと、ここで初めてしおらしさを見せる彼女
いくら交渉慣れしているとは言え、これほどの圧は初めて体験したのかもしれません。

 
着けるの?着けないの?
お互いが駆け引きしているところで、映像はいったん中断します。
その間に何が行われていたのか、我々には知る由もありませんが、
映像が再開すると、そこでは折り合いのついた二人の姿があって・・・

 
 

はい、交渉成立。結局、女は金を積めば、かるーく転ぶのです。
いけませんねぇ。可愛い顔をして、闇風俗に染まる女。ほんと、世も末です。
交渉結果は『生ハメはOK、中出しはNG』という線引きになったようで、
つくづく、若い娘たちの危機感の低さを、嘆かわしく思います。

 

終始そっぽを向いて、この時間が早く終わることだけを願っている彼女ですが、
耳を同時に責めるやると、ここで初めて、控え目ながら桃色吐息を発生
堅いリフレ嬢が、本番を強要する客とのセックスにヨガって、声を上げました。
ちなみに、恐らくキスはNGになったようですね。彼女らしい線引きと言えます。

 

絶頂を迎えようとしている本番客に対して、最後の約束事を確認する彼女。
さすがの死にたいさんも、彼女に無許可中出しを決め込む気はなかったようで、
激しく腰を振りながら、その『顔だけは可愛い』リフレ嬢の万個で高めています。
やがてエネルギーが充填され、いよいよ放出というタイミングで・・・

 

離脱!からの、外出し・・・
彼女の脚や衣服に隠れ、いまひとつはっきりとは見られなかったのですが、
取り急ぎ生ハメについて、ズルは無かった・・・ように思います。
そしてその後、まったりピロートークでもあるかと思いきや、そこで映像は終了。

金も払わず本番行為をしようとする客に、なんとかルールは守らせることができました。
これを許したらリフレ業界が荒れる!彼女にはそんな自負すらあったかも分かりません。
生ハメこそ心配は残るものの、金も得られたし、とりあえずは良しとするのでしょうか。
しかし彼女は、たとえ堅かろうと交渉に長けていようと、隠しカメラの存在を見抜けずに、
無常にも、AVデビューという最悪の末路を辿らされてしまうのでした・・・。

お嬢ちゃん、お前さんは何もわかっちゃいねぇよ。
男の底すらない、悪意(進化)を・・・・・・!!

 

総評

死にたいさんのモデルとしてはめずらしく、かなりガードの堅い嬢でした。しかし、そんな嬢を懐柔しつつ、本番まで持ち込むプロセスを見たい方や、お高く留まった生意気女をやり込めたいと言う、Sっ気の強い方にこそお勧め。本作は前後編にも分かれていないため、お気軽につまむことができます。惜しむらくは、氏の作品上随一と言っても良いほどにカメラ位置に恵まれていたにもかかわらず、顔の捕捉が乏しかったこと。恐らくは撮れ高の中にはもう少し映っていたシーンもあったのでしょうが、死にたいさんは無駄にその辺りの露出を制御されるため、本作においてはその点で少しフラストレーションがありました。しかしモデルの質の高さはしっかりと窺え、そんな子が押しに負けて生ハメを許可するというだけでも価値はあるでしょう。すっかり行方が知れず、心配が募る死にたいさん。我々はすんごい映像を引っさげて、再び戻って来て下さることを信じています。

 

【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっち VOL11 真っ白素肌のk3 まゆなちゃん

ルックス ★★★★
素人感 ★★★★
スケベ度 ★★
男優 ★★★★
実用性 ★★★★★

女の子のルックスは良いです。顔撮りがしっかりあれば満点も窺えたやも。
ツンとしてはいるものの、それはあくまでリフレ嬢としてのそれであって、
ベテランのキャバ嬢やソープ嬢のような、コテコテのスレは感じられません。
ただ、エロくはないですね!恐らくは相手がイケメンであっても、マグロでしょうw
可愛い子に限って、磨く必要が無いため、性のポテンシャルは低いものです。
そんな秘密まで暴かれてしまった彼女に、幸せな未来はあるのでしょうか(苦笑)

なお、死にたいさんの作品で、個人的にオススメ度の高いのはこの作品です。
そのほか、氏のレビューをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ