【DIGITENTSレビュー】JKリフレで裏オプ発生!ガードの堅い処女JKと本番行為に及ぶまでの処世術【JKのプールに溺れて死にたいさん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、DIGITENTSより、JKのプールに溺れて死にたいさんの作品をレビューします。


【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっち VOL5 k3ロリロリななみちゃん 前半

JKリフレ。それは今、若い女の間で最も流行している、新手の高収入アルバイトです。
そもそも『リフレクソロジー』とは、免許の要らない“簡易的なマッサージ”のはずでしたが、
いつの頃からかそこには、“ハグ”や“添い寝”といったオプションが加わるようになりました。
これが『5秒で1000円』など、信じられない価格にもかかわらず、注文がどしどし入るため、
必然的に女への実入りも増え、風俗未満のアルバイトとして、支持されるようになりました。
そうした店で働く女は、草食系のオタク男と親和性の深い、メイド系・アイドル系が中心。
これら二者が絶妙にマッチングしたことによって、新たなアキバ系文化として繁栄したのです。

 
・・・と、ここまでは表向きの話。
実際のところ、そこでは『裏オプション』と呼ばれる性的サービスが横行しており、
手コキやフェラはおろか、本番行為までがまかり通っていると言うのが実情です。
「風俗未満」とカマトトぶっていた女も、いつの頃からか金の亡者へ姿を変えたのです。
そして恐ろしいことに、最近のJKリフレは、むしろハナからそれありきの店が増えており、
今や事実上の裏風俗として、都会のあちこちで雨後の筍のように派生しています。
風俗未満なんてとんでもない。今のリフレは、風俗の範疇を越えた違法店と化しており、
そこに従事している女は、売春に手を染める犯罪者にほかならないのです。

 
私は個人的に、JKリフレが嫌いです。と、そんな私情はさておき、
こちらの作品は、そんなJKリフレでの一連の情事を盗撮したと言う、
私が今、個人撮影界隈において、最も注目しているシリーズの一つなのです。

 

こちらが今回、JKのプールに溺れて死にたいさんが指名したのであろうリフレ嬢。
可愛い。そして、バッチリ顔が収まっている(但しモザ有り)のも素晴らしいです。
盗撮風作品においては、被写体の顔を始めとする大事なところの見え方が重要ですが、
本作はそこにおいて氏の作品史上随一の撮れ高があることを初めに申し上げておきます。

 
で、もう一点、皆さんが最も気にすることがありますよね。分かります。
それは冒頭のこちらの会話シーンで、それとなく確認することができます。

「このテレビ好きなんだけど~」
「面白くない?こういう感じの。」

初対面の年上男性に対して、物怖じせずタメ語で接する彼女
私的に、本作のJKのガチ度は極めて高いと推測します。
無論、“登場人物は18歳以上である事を確認し、許可を得て撮影”とのことなので、
まかり間違って1年生や2年生が紛れ込んでしまうことは、無いと言えるでしょう。
最近は条例による締め付けが厳しく、さすがにそれらを雇用する店舗は激減しましたが、
誕生日を迎えたLJKが、在学の事実を隠し、こっそり在籍していることはままあります
なぜ私がこんなに詳しいのかと言うと、頻繁に利用していたから・・・ではなくて、
JKが売春に手を染めることを憂うとともに、風俗産業の地下化を懸念しているからです。

 

前半はかなりグダグダします。お互いをマッサージし、まるで普通のリフレのようです。
死にたいさんの作品は、このように裏オプへ持ち込むまでのハウツーという側面もあり、
参考になるのかならないのか分からないこのテロップには、思わず笑えてしまいます。
そして氏は、半ば強引に裏オプに持ち込む、嫌な客(いい意味で)でもあるのですが、
彼女はどことなくガードが固く、まずはソフトなスキンシップで懐柔しているようです。

いくら裏オプが横行しているとは言え、そこには合法的なサービスしか行わない嬢もいます。
そんな嬢に限って、彼女のようにエロい方向に持ち込ませないオーラを漂わせるのですが、
性的行為を求めて来た客にとって、それが煩わしいことであるのは言うまでもありません。
そして中には、相手を見て裏オプをするかしないかを決めるような嬢も紛れており、
私のような生理的に無理なキモヲタが訪れた際には、さも自分が健全な嬢であると偽り、
「そういうのはやってないんで~」などと言って、巧妙に“望まぬ相手”をかわすのです。
これによって客は、裏オプありきの基本料金、そしてホテル代を払っているにもかかわらず、
生殺しのまま、行き場のない欲望を、虚しくティッシュの上に発散させられることになります。
クソッ・・・クソ売春婦、人種差別反対、人種差別反対、人種差別反対、人種差別反対!!
と、ネットの掲示板に書いてあったのを見て、ひどい世界だなぁと思ったものです。

 

しかし百戦錬磨の死にたいさんは、そんな嬢からのダメヨオーラをかわし、この状態にまで。
こうしたあつかましさこそが、氏が一見堅い嬢からも裏オプを勝ち得ている所以でしょう。
なお氏には、コンドームを着けるとゴムアレルギーを発症するなどという必殺技があり、
多くの作品で、生挿入を行い、時には途中でゴムを外し、さらには中出しまで決め込みます。

前半はここまで。ペッティングのみのため、ここといった抜きどころはありませんが、
ディティールを重視される方は、ぜひこちらも余さず手に入れてほしいところです。

 
 

【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっち VOL5 k3ロリロリななみちゃん 後半

さて、ここからが後半です。尺は前半16分、後半15分に分かれています。
引き続きペッティングしているところから始まり、彼女は艶っぽい声を漏らしています。
所々に、「いや」「ダメ」という言葉を発しており、激しい手マンには「痛い」と。
ガードが堅いのは、単純に性的行為に対する経験が少なかったからなのでしょうか。

 

死にたいさんの利用しているこの店が、どこまでOKの店なのかは、分かりません。
ひょっとしたら風営法の届出を行っている、合法的な風俗店という可能性もあります。
だとすれば、この程度の行為は、基本サービスの中に含まれているはずですが・・・
しかし私は、こと彼女に関しては、そうではない空気感をひしひしと感じるのです

そもそも合法店は、違法な裏風俗店と違って、警察を頼ることができます。
実際にFC2で、デリヘルの盗撮動画を販売した男が逮捕されたという事案もあります。
これはしっかりと上納金を収めている店側が、当然の権利を行使したまでのことです。
しかし裏風俗は、警察を頼れない。すなわちこんな動画がネットに出回っていたとしても、
警察に駆け込めば、違法行為を自白するようなもののため、泣き寝入りを余儀なくされる。
こうした面も非常に痛快で、私が死にたいさんの作品を支持している理由の一つです。

そう。JKリフレなど、無くなればいいのです。
それによって、本来であれば風俗に堕ちるべき女が塞き止められているのですから。
そしてJKリフレを利用する客は、好きなだけ嬢を可愛がってやればいいのです。
盗撮しようが、中出ししようが、奴らは警察を頼ることなどできないのですから。

 

そして彼女は・・・なんと、こういうことだったみたいです。
だとすれば、これまでの“エロい方向に持ち込ませないオーラ”も、頷ける気がします。
いつの間にか、そんなオーラでどうにかやり過ごそうとしていたはずの彼女からは、
諦めの感情が見て取れ、リフレ客にその尊い初体験を捧げる覚悟をしたことが窺えます。

女の初体験が、信じられない相手とのものであることは、よくあることです。
そこには本作の彼女のように、やんごとなき事情が介在しているものですが、
つまるところ、女の側からの早く経験を済ませて身軽になりたいという希望があり、
相手となる男は、その希望を叶えてやっているにすぎないのです。

 

さぁ、最後はいよいよ挿入です。当然のように、ゴムは付けず。
経験のない彼女は、これが普通のことなのだと勘違いしてしまったかもしれませんね。
なし崩しとはまさにこのこと。考える暇を与えず、『出資者』という立場をちらつかせ、
本気で痛がる彼女に少しばかり気を遣いつつ、その締まりの良い処女万個を堪能します。

いつもは持続力があり、それなりに絶倫とも言うことができる死にたいさんですが、
あまりにも良かったのか、彼女を相手には4分と持たせることができず果てるのでした。
彼女は痛みに耐える中で、貪りつく氏に対し「中に出さないでね」と懇願するのですが、
その希望が叶うことはなく、挿れたままゼェゼェと息を荒げているところで映像は終了。

ワリのいいアルバイト。ちょっとした火遊び。
そのつもりが、取り返しのつかないことになってからでは遅いのです。
彼女は、望まない相手から、尊い処女を奪われてしまっただけでなく、
その一連の情事を、撮影されて全世界に向けて発信されてしまうのでした。
勿論これは、“登場人物は18歳以上である事を確認し、許可を得て撮影”された映像です。
なぜならそうしないと、彼女は自らの売春行為を認めることになってしまうのですから。

 

総評

アングルさえよければ神作品ともなり得た快作です。特に惜しいのが最後の挿入のシーンで、盗撮風作品に必ずしも望んだ画は撮れないと言うジレンマはさておいても、せめて喘いでいる彼女の表情が分かるカットは欲しかったところ(サブカメラの映像がもっと大きく見られれば・・・)。もう一点惜しかったのは、キスが見られないこと。ガードが堅い彼女相手では仕方なかったのかもしれませんが、この点を重んじる私としては非常に残念。また、氏の作品はキスがあっても、撮影者の顔ごとモザイクをかけてしまわれるきらいがあるため、この点にもさり気なく改善を期待しています。必ずしも通常のハメ撮り動画のように配慮あるカメラワークが見られるわけではないため、それが苦手な方にはまずお勧めしませんが、『隠しカメラ』が繰り出す陰湿でいて痛快な世界観がお好きな方は必見。氏の作品は、どういう理由か早期販売終了してしまうこともありますので、気になった作品は早めに押さえておかれることをお勧めします。

 

【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっち VOL5 k3ロリロリななみちゃん 前半


【潜入ドキュメンタリー】J系リフレでえっち VOL5 k3ロリロリななみちゃん 後半

ルックス ★★★★★
素人感 ★★★★★
スケベ度 ★★★
男優 ★★★★
実用性 ★★★★

女の子は可愛いです。若さゆえの危なっかしさ、ゆとりっぽさも高く評価。
そんな彼女が、大人の威光を前に、成す術なく崩れてゆく様は同情を誘います。
無臭ゆえ、挿入直前のシーンでは、少しですがJK万個も確認することができました。
氏のシリーズの中では、撮れ高は『良い方』と言って差し支えないでしょう。
男優は個人的に好きなタイプですが、最後のカメラワークの難から1点減点とします。
どこまでが本当で、どこからがファンタジーなのかは極めてミステリアスですが、
私は本シリーズ、こと今作は、限りなくガチ性が高いのではないかと見ています。
氏が放つ独創的なドキュメンタリー風映像には、今後も目が離せません。

2 Responses to “【DIGITENTSレビュー】JKリフレで裏オプ発生!ガードの堅い処女JKと本番行為に及ぶまでの処世術【JKのプールに溺れて死にたいさん】”

  1. うんこ販売者 より:

    はじめまして。
    すごいです!すごすぎる分析力です!!!感度しました笑

    私の商品が評論されるかもしれないと考えると恐ろしいです
    と同時にどこまで正確にプロファイリングしてくれるか楽しみです

    • ラグナロク より:

      > うんこ販売者さん
       
      はじめまして、コメントありがとうございます。
       
       
      > すごいです!すごすぎる分析力です!!!感度しました笑
       
      そう言っていただけると光栄です。
      7時間かけて書いた甲斐がありました。笑
       
       
      > 私の商品が評論されるかもしれないと考えると恐ろしいです
      > と同時にどこまで正確にプロファイリングしてくれるか楽しみです
       
      なんと、販売者の方でいらっしゃいましたか!
      もしかしたらどこかでお手合わせさせていただくかもしれませんが、その際は宜しくお願いします。
      きっと勝手なことばかりを申しますので、笑って許していただければ幸いです^^;;;;;;

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

FC2コンテンツマーケット人気商品

このページの先頭へ