【DIGITENTSレビュー】また裏オプ!そしてその先にあるものは?狡猾な仕事を選んだJKリフレ嬢への最終警告【JKのプールに溺れて死にたいさん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、DIGITENTSより、JKのプールに溺れて死にたいさんの作品をレビューします。


【潜入ドキュメンタリー】VOL22 18歳k3 黒髪純情少女 あいるちゃん 前半

こちらは本邦二度目の登場となります、目下話題沸騰中のJKリフレ盗撮風作品です。
最近の死にたいさんは、個人で出会った女の子との情事までを発表されており、
いよいよそのラインナップが、他では決して見られないカオスな様相を呈してきました。
そんな中で本作はオーソドックスな(?)、リフレ店での接客の一部始終のようです。

※個人・・・個人取引。店を介さずに、SNSや出会い系サイトなどで知り合った女と会うこと。
中には現役の女子高生はもちろんのこと、リフレ店で働けない18歳未満の年代が紛れ込んだりもしている。
なお現在は、サイバーパトロールが強化されているため、これはお勧めしない。じゃない。淫行ダメ絶対。

 
(前回のレビュー)JKリフレで裏オプ発生!ガードの堅い処女JKと本番行為に及ぶまでの処世術

 
氏の作風について詳しくは、前回のレビューを参照していただくとして、
本作はなかなかにリアリティ充分、撮れ高充分、実用性充分な作品となっております。
そして最後に、こうした作風におけるもっとも興奮する要素が見られたり・・・?
氏の作品はいつまで置いてあるか分かりませんので、気になった方はお早めにどうぞ。

 

と言うわけでこちらが、勝手に本作のヒロインとなった、あいるちゃん(18)。
死にたいさんは、ここではまだ大人しく添い寝をし、普通の客を装っています。
上半身が裸なのは、リフレのサービスを受けるため、多くの店ではデフォルトです。
そこで紙パンツに履き替えさせられ、促されるままに布団の上に横たわったところで、
どのように進路をずらしていくのかが、裏オプを望む客の腕の見せ所と言うわけです。

で、彼女ですが、喋り方が早口で、なんだかとっても若そうな印象です。
無邪気で天真爛漫な感じで、姪っ子のようなキャラクターであることが窺えます。
大人に対してしっかり敬語を使っているところを見るに、育ちは良いのでしょうか。
彼女は、ハナから裏オプありきと言うよりは、純粋なリフレ嬢という印象を受けます。

さて、我が国では18歳以上になればリフレで働けますし、AVにも出られます。
しかし、原液かそうでないかの間には、天高くそびえ立っている壁がありますよね。
無論、ここにはそれを確証できる根拠などなにひとつありません。ありませんが、
私は個人的な期待も含めて、彼女は原液のJKであると推測したいと思います。
そうである根拠はありませんが、そうでない根拠も一切ありませんので

 

「マッサージとかでもしますか?」

はい出ました、エロに持ち込ませないオーラ。案の定、彼女は堅い子です。
氏のような裏オプ目当ての客にとって、これは煩わしいことでしかありません。
当然のごとく、適当な理由をつけて、彼女から出された“望まぬ提案”をかわします。

もちろん中には、ポリスによる内偵を警戒してか、あえてこう持ち掛ける嬢もいます。
しかし本当は、闇に染まった嬢ほど、目の前にいる客の顔が福沢諭吉に見えており、
(まどろっこしいのはいいから早くヤろうよ・・・)と思っているに違いありません。

ですが、あいるちゃんに、そんな気配はさらさら見受けられないのです。
むしろ目の前の客が、まだどんな客なのかを把握できていないため、
その口調の中にどこか、一抹の不安のようなものすら見受けられます。
きっとこんな子は、合法的なオプションで、健気にお小遣いを稼いで、
普通のアルバイトよりは少し良いぐらいの給料で、喜んでいるのでしょうね。

そんな彼女に、死にたいさんは乳首を舐めるように促します。

 

すると意外なことに、「いいですよ」と言って、すんなり受け入れる彼女。
ちゅぱちゅぱとエッチな音を立てながら、乳首をprprしてくれます。
これは決して、彼女が日常的にこうした接客を行っているわけではなく、
「この程度で済むなら」と、妥協していると考える方が自然でしょう。

お話・ハグ・添い寝etc
手コキ・ボディタッチ
フェラ
本番
生ハメ

一方で、こちらが何を意味するか分かりますでしょうか。
そう、リフレ嬢の可能なプレイ、そのボーダーラインを示しています。
先に言ってしまいますが、彼女はステージ2までが可能なリフレ嬢のようです。
これは、性的サービスを目当てで来た客に対する『落とし所』とも言えます。
実は、彼女と同じように、手コキまでをやむなしとするリフレ嬢は相当数おり、
それ以上のプレイを求めている客からは、忌み嫌われています。
それでオナクラの何倍もの金を取られるのですから、当然と言えば当然です。
しかしまぁ、彼女のような一見普通の子でさえ、よくやりますよね・・・

当然、店が風営法の届出を行っていなければ、手コキとはいえ違法です。
そうしたことを、果たしてどれほどのリフレ嬢が把握しているのでしょうか。

 

そんなわけで彼女は、気が付けばこんな状態に・・・(苦笑)
さすがは百戦錬磨の死にたいさん、この仕事の早さには感心させられます。
ボディタッチとは言え、ここまで激しいものは間違いなく範疇の外でしょう。
そもそもリフレには、ルールなどというものは存在せず、と言うよりも、
ハナからルールの外で行われている以上、何でもアリの無法地帯なのです。
それをいいことに、どさくさでキスまでやってのけてしまう死にたいさん。

きっと彼女、ある程度のところまでは、想定も経験もあったでしょうが、
目の前にいる死にたいさんには、これまでにはない異質なものを感じつつ、
(このお客さん、ちょっと激しいな・・・)
と、不安に駆られていたに違いありません。

 

そしていつの間にか、デリヘルの接客と、なんら変わらない状態に。
無臭ゆえ、その産毛しか生えていないお万個が、よく見えるシーンもあります。
また本作は、黒髪清楚系の彼女のお顔が、モザ有ですがわりとしっかり分かります
アイドルと言うほどに垢抜けているわけでも、化粧っ気があるわけでもないですが、
良い意味で普通っぽく、まさに等身大な彼女ぐらいの年代を表現しており、
喋り方も含めて、峯岸っぽいと感じるのは、恐らく私だけではないはずです。

 

そして・・・・・・
『なし崩し』とはまさにこのこと。初めはゴム越しにしぶしぶ舐めていたのですが、
彼女のテクが拙いこともあって、エレクトする気配のないイチモツに観念するかのように、
ここでデリヘル嬢となにひとつ変わらないサービスを強いられることになりました。

この『ゴム越しフェラ』も、実は数回程度経験があったようで、
それは、どうしようもない『本番客』をいなすための手段だったに違いありませんが、
彼女が接客している相手は、ほかでもないJKのプールに溺れて死にたいさんです。
案の定、お得意の『ゴムアレルギー』を発症されてしまい・・・

 

あとはもう、こうなってしまうのに、そう時間はかからないわけで。
残念ながら生ハメは断られましたが、ついに彼女の堅固な扉はこじ開けられました。
ステージ2にいたはずのリフレ嬢が、いつの間にかステージ4にまで進行したのです。
そしてこの後、黒髪で清純で、等身大でスレていないはずだったあいるちゃんが、
まさか、ステージ5まで堕ちることになろうとは・・・

前半はここまで。挿入から先は、後半で見られることになります。
あとはもう、買った人だけのお楽しみと言うことで。

 
 

【潜入ドキュメンタリー】VOL22 18歳k3 黒髪純情少女 あいるちゃん 後半

しょうがないので後半もレビューしましょう。いよいよセックスが始まります。
実質的な抜きどころはこちらになりますが、どうか前半もお見逃しなきように。
ここまでのディティールがあると無いとで、実用性は大きく変わってきます。
実際に私は、前半をほぼ早送りすることなく、通しで見てしまったほどです。

 

一度挿れようとしたものの、ゴムアレが発症して萎えてしまった死にたいさん。
再びエレクトするために、あいるちゃんにキスをしながら手伝ってもらっています。
本気で萎えてしまったのか、それとも芝居を打っているのかは分かりませんが、
ここまで来ると、彼女も彼女で、責任を感じないわけにはいきません。
捨てられたゴムが無造作に落ちているのが、なんともシュールです。

 

「生でこするだけ!こすったら立つから!」
「う、うん、わかった・・・」

なるほど。生NGの女には、こうやって喰い下がっていくんですね。
彼女の責任感や勤勉さに付け込み、生でこすりつけることの承諾を得ました。
そして、多くの男たちによって使い古されてきた『先っちょだけ』を挿入してゆき、
気が付けばズブズブと、その肉棒は彼女の中にインサートされてゆきます。

 

このセリフはぜひ、その耳で聞いていただきたい。めちゃくちゃ興奮します。
ちょっとお兄さん何やってるんですか、という抗議のニュアンスには違いないのですが、
彼女の断りきれない性格、そして裏オプをしていることへの後ろめたさが入り混ざって、
どんな個人撮影作品でも見ることができない、独特の世界観が形成されています。

「生でやってますね(苦笑)」

焦燥と、後悔、そして諦めといった感情がごちゃまぜになって、
されど叫ぶでも泣きわめくでもなく、静かに肉棒を受け入れている彼女。
そんな中で発せられたセリフがまた、私の股間にクリーンヒットします。

「外に出して下さいね?」

 

このニュアンスが、またいいのなんのって・・・
素人感に満ちていたはずの彼女が、急に商売女さながらに毅然と言い放つのです。
普通の女の子が、自身の置かれている状況を見極め、悟り、諦め・・・
そんな中でも、最終ラインだけは突破させない、しっかり守りたいという、
彼女からの最後の最後のお願い、強い意志の込められた一言です。
しかし死にたいさんは、そんなことはお構いなしに突き続けるのですが。

 

そしてもう一つ、商品解説文でも語られていない重大なギミックがありまして、
これは恐らく、私の気のせいではないと思うんですが、

ここで彼女・・・カメラに目線が来ているんですよね。

 

見られてる・・・ あぁ、絶対見られてますって、これ・・・
重要なのは、こうして死にたいさんと目線が合わないタイミングで確認していることです。
素直に申し出ればいいのに、なぜ彼女は申し出ないのだと思いますか?
それは、逆上した相手に、何をされるか分からないからです。

合法の風俗店であれば、こっそり店のスタッフにLINEを送れば済む話です。
怖いお兄さんが出てきて、データを消去した上、金もふんだくれるでしょう。
しかしここは、あくまで、闇。裏の世界です。
リフレなどという耳当たりの良い言葉で偽装しても、所詮は裏なのです。
裏の世界は自己責任。仮にこれに気付いて、店のスタッフに言おうにも、
裏オプをしていることがバレるため、泣き寝入りをせざるを得ないのです。
リフレ嬢は、表の風俗嬢とは比べ物にならないような収入を得ています。
このような、直面したらどうしようもないリスクと引き換えに。

 

分かったか、全国のリフレ嬢どもよ。
お前たちが気付いていないだけで、本当はもっと盗撮されているのかもしれない。
それはお前たちがリフレなどという、狡猾な仕事を選んだことへの代償であり、
お前たちはその金と引き替えに、取り返しのつかない物を売り渡してしまったのだ。
「風俗未満」「風俗じゃない」それがお前たちの逃げ口上なのかもしれないが、
リフレという仕事の闇の深さを、本当のリスクを、今一度確認するといい。
「きれいに稼げている」だって?バカを言うのも大概にするんだな。
お前たちの若さは、未来永劫ハードディスクに補完されてしまったのだ!!

 
えっ、レビューですか?すみません、つい熱くなってしまって・・・
体位は正常位~バック~正常位~座位~正常位と、盛りだくさんに展開します。
そして最後の最後、死にたいさんとあいるちゃんの子作りの結末は・・・
今度こそ、買った方だけのお楽しみと言うことで。

 

総評

傑作です。めちゃくちゃ抜けます。何よりも彼女の中での葛藤がgood。そしてカメラに向けられた目線には、背筋が凍るとともに、通常とは少し異にする性癖を持つ私としては、それこそに最高の興奮を見出すことができました。『撮れ高』という面ではカメラの仕込みも素晴らしく、また絡みもボリュームがあるため満足することができます。こうして“スレて”しまった彼女には、果たしてどういった未来が待ち受けているのでしょうか。表の風俗に浮上するのか、それともより深い闇へと堕ちてゆくのか、答えは誰にも分かりません。氏の作品をどこからつまめば分からないと言う方には、まずは本作をお勧めします。盗撮というジャンルが好きなすべての方にお勧めしたい作品です。

 

【潜入ドキュメンタリー】VOL22 18歳k3 黒髪純情少女 あいるちゃん 前半


【潜入ドキュメンタリー】VOL22 18歳k3 黒髪純情少女 あいるちゃん 後半

ルックス ★★★★★
素人感 ★★★★★
スケベ度 ★★★★
男優 ★★★★★
実用性 ★★★★★

スケベ度のみ1点削れていますが、これは良い意味での削りと思っていただきたい。
決してスケベではない彼女が、なし崩し的に堕ちてゆく様にこそ、最高に興奮します。
ルックスはオマケで満点です。とびっきりの美少女と言うわけではありませんが、
彼女の普通じみたルックスこそが、このシチュエーションでは最高に映えました。
惜しむらくはキス時のモザイクぐらいで、撮れ高としてはおおむね満足。
リフレ界の闇の深さを、これでもかと言うほどにえぐり出した快作です。

なお、お断りしておきますが、リフレ店は全部がこういうわけではありませんw
すべて私の妄想ですので、真に受けないようご注意ください。
当然に本作は、18歳以上のモデルを雇って撮られたヤラセ映像ですからネ。

2 Responses to “【DIGITENTSレビュー】また裏オプ!そしてその先にあるものは?狡猾な仕事を選んだJKリフレ嬢への最終警告【JKのプールに溺れて死にたいさん】”

  1. tmk より:

    この作品を最後に新作が出てないんですよね…

    • ラグナロク より:

      > tmkさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > この作品を最後に新作が出てないんですよね…
       
      心配になってしまいますよね。色々な意味で・・・
      きっと新たな撮影や、編集に時間を割かれているのだと思いたいです。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ