【そふといちば】超絶インスタ映えするJ●が強面彼氏の誘いを断りきれずハメ撮りしちゃいました【流山田出太郎さん】

こんばんゎ、ラグナロクです。
今夜は、そふといちばより、流山田出太郎さんの作品をレビューします。


るみちゃん動画・画像フルセット

超大型の台風が接近しています。皆さんの地域は大丈夫ですか?
そんな時にエロサイトの更新など、不謹慎だと思われるかもしれませんが、
その不謹慎という言葉に中指を立てるのが当サイトです。よろしくお願いします。

 
さて。4ヶ月ぶりとなります更新は、そふといちばの作品のレビューです。
なんだかFC2は、一部の業者と、AV女優の流出モノだけで盛り上がっており、
唯一、きな臭かったところは、徐々に粛清傾向にあるようです。
所謂『アングラ』と呼ばれる、怪しくて、禁忌に掠るような場所だったはずが、
多くの人目に触れることになって、面白味を失うという運命を辿るのでしょうか。

 
そんな中、当サイトがご紹介していた作品は、ことごとくリンク切れしており
我ながら、審美眼が間違っていなかったことを実感した次第です。
この界隈には、昔からこんな合言葉があります。

『いつまでも あると思うな その動画』

皆さんにおかれましては、気になった作品はぜひ早めの検討をお勧めします。

 
 

さてさて。本作は、いくつかの画像と動画ファイルで構成されています。
そこに見られるのは、いかにも今風の、近代的なお嬢さんのSNS画像です。
昨今のカメラアプリの補正技術が異常に発達しているのもあるでしょうが、
間違いなく、本作の主人公が可愛いということだけは、充分に窺い知れます。

いいですよね。流行りの場所に行って、タピオカ飲んで、友達と自撮りして。
そうやってアルバムに付いた“いいね”の数が、昨今の女のステータスです。
今時の個人情報垂れ流し世代、SNSにかまけた承認欲求世代のド真ん中が、
こうして個人撮影デビューをしていることには、感慨深いものがあります。

 

中には、こんな風に制服を着ているような写真も・・・
彼女が果たしてどの年代にあるのか。我々には知る由もありませんが、
私には、本作を撮影時点では、JD1ぐらいにあるように見て取れます。
もちろん、●Kと解釈した方が夢がありますし、充分そうとも取れるのですが、
卒業してちょっぴり垢抜けた頃合いと見た方が、しっくり来るんですよね。
そんな、選挙権はあるとは言え、まだまだ世間知らずな彼女が・・・

 
 

なぜ、こんな強面の男とハメ撮りを・・・

彼は・・・スキンヘッドの彼は、一体何者なのでしょう。
失礼ながら堅気とは思えず、ややもすると刑●所帰りのようにも見えます。
歳の頃も判別不能ですが、口調が落ち着いているところを見るに、
恐らくは20代中盤か・・・少なくとも、彼女と同世代とは思えません。

驚くことに、この二人の関係は、高い確率で彼氏彼女です。
この撮影も、残念ながら金銭の発生する類のものではないでしょう。
女が、押しの強い男に弱いということは生物学的に証明されていますが、
それにしても、あまりに不似合い・不釣り合いなカップルです。
恐らくは彼女が、インスタのDMで仲良くなったイケメンと会うことになり、
いざ現地に現れたのが彼で、初めこそ恐怖を覚えたものの、
意外な優しさや、時折見せる笑顔とのギャップに、徐々に気持ちが傾き、
最終的に、こんな撮影さえをも許してしまうような仲になったのでしょう。

 
まさに、『美女と野獣』。
街を歩いていると、時々理不尽なカップルを目にするものですが、
この二人には、そのどれをも凌駕してしまうほどの驚きや嫉妬が生じます。

 
 

「自己紹介する?」
「しないよw」
「じゃあ・・・靴下脱いでもらっていい?」
「そんな感じで撮るの?///」

 

「個人的な撮影だからね」

男はそんなことを言って、彼女のことを懐柔しているようですが、
現在、この動画は拡散され、世界中の人の目に触れています。
こうしたものの流出には2パターンあり、一つは男がリベンジ的にばら撒いたもの、
もう一つは、クラウド的なものから、意に反して漏れ出てしまったものですが、
この動画が、どういった経緯で世に出たかになど、もはや興味はありません。
差し当たって言えるのは、迂闊な撮影はしない・させないことでしょう。

 

あれよという間に、男は彼女を剥いてしまいます。
ほう・・・脱がせてみると、そのボディは意外に生活感があるようで・・・
ちょっぴり着やせするタイプだったようですが、これもこれでリアルな素人の姿です。
若者特有の、ほどよく水分を含んだカラダに、まずはチンピクを余儀なくされます。

 
 

あっ・・・

こんなスキンヘッドの強面男が、インスタ映え美少女の唇を・・・

 
 

撮影そのものは、完全に『ハメ撮りの真似事』。
彼が、ネットで見たものを、スマホ一台で再現しようとしています。
決して洗練されていませんが、されどこのたどたどしさこそが個人撮影のリアルで、
初心を忘れたFC2の上位ランカー達に、爪の垢を煎じて飲ませたくなります。
そんなことよりも、この美女と野獣のコントラスト、分不相応な接吻・・・
嫉妬もあるのですが、それとは別に未知の物を見せられている驚きがあります。

 
 

この描写が、かなり気に入っています。
昨今のインスタ映え女が、命の次に大切にしている『前髪の造形』。
そんなことも知らず、このガサツな男は・・・

 

ぐしゃっ。

あーイイですね。インスタ映え女の尊厳を踏みにじるような行動。
本来であれば、キノコみたいな頭をした雰囲気イケメンにしか体を許さない彼女が、
坊主頭の強面から、いいようにやられていることには、にわかに征服感が沸きます。

 

これも素晴らしいです。エロ行為をしながらピース。
完全に女の尊厳を崩壊させ、男の独占欲・支配欲を満たす秀逸な描写です。
彼は彼女に対して、作中で何度もこの『ピース』を要求します。
きっと彼の性遍歴において、そうしたものが“凄く良かった”のでしょうね。
あるいは和姦であることを証明するため、あえてこうした記録を残すケースもあるようですが、
いずれにしても、これが我々の征服欲を満たすものであることは間違いありません。

 

当然、彼女もノリノリでやっているわけではなく、
嫌がりながらも、押しに負けて、しぶしぶ付き合っているんですね。
きっとそもそも、二人のこの関係からして、そうなのでしょう。
男に免疫がなかったこともあって、彼女は彼によって『調教』されてしまったのです。
そして彼女は、手マンやクンニといった彼の前戯に対しても、まんざらでもない様子。
先天的にエロい子だからこそ、セックスの前には子猫になるのでしょうね。

 
 

さぁ、挿入です。
この男、出所後にインスタ映え女の万個とは・・・羨ましすぎますね。
フォロワー数10000超え万個は、一体どんな味がするのでしょう・・・

 

体位はバック、正常位、騎乗位と、一通り行います。
さすが、ネットで見た動画の真似事なだけありますね。
それぞれの尺は短く、カメラワークも決して良いわけではありませんが、
この拙さこそに、個人撮影の本質的な良さが集約されていると言えます。

 

彼女は、騎乗位がお好きなようで・・・
下から突かれながら、ここで今日イチの自然な喘ぎを見せます
カメラが回っていることも忘れて、その肉棒をしっかりと味わっており、
そんなところにも、この世代特有の危うさを感じさせられます。

 

最後はお腹の上に。一応、ゴムは付けていたようです。
何度もピースをさせられ、彼の『性玩具』にされてしまった彼女は、
自身の体の上に出された彼の子種を見ながら、虚ろな表情で何を思うのでしょう。
一時の火遊びか、はたまた気の迷いか、何年かしてすっかり忘れた頃に、
この動画が彼女の目に触れることにならないかが、非常に気掛かりです。

 
 

なお、本作はそうした世界観に基づいて作られた作品であることは確認済みです。
非常に演出の巧い作者様なので、今後の作品も楽しみですね!

 

総評

これぞ個人撮影!というような、初心に帰らされる作品ですね。決してカメラワークが良いわけでなく、画質も優れていない。されど撮影者の本能に基づく身勝手なセックスはやはり素晴らしく、それに付き合わされる女の悲哀も相まって、非常に胸を打つものがありました。我々はインスタ女どもを見ながら、「いつかこんな女とセックスしてーなー」と思うしかありませんが、この男がそれを実際にやってのけたことには率直に尊敬するとともに、どのようなマジックを使ったのかぜひ教えを乞いたいところです。かつてキモ男vs美少女といったコントラストの強い作品は何度も見て来ましたが、強面vsインスタ美少女という対比は今までに例がなく、その新鮮さも本作の持つ重要なスパイスとなるでしょう。いやー、個人撮影って本当にいいものですね。

 

るみちゃん動画・画像フルセット

ルックス ★★★★
素人感 ★★★★★
スケベ度 ★★★★
男優 ★★★★
実用性 ★★★★

女の子は、顔面偏差値に限って言えば最高点です(笑)
こうした今風の系統が、個人撮影作品で見られたのは喜ばしいことでもあります。
何よりも素晴らしかったのは素人感で、そこら辺で捕まえて来たような彼女が、
一体なぜ、こんなリスクのある撮影を許したのかが改めて疑問でなりません。
惜しむらくは・・・やはりちょっと毛色が特殊すぎる、男優でしょうか(苦笑)
これがキモブタであれば、本作は余裕で満点となっていたはずですが、
彼の印象が、本作を鑑賞する上で邪魔になったことは否めません。
しかしながら、それこそを素晴らしいと思われる方もきっと多いでしょう。
いずれにしても、こんな映像を世に残したことにはGJと言わざるを得ません。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

掲載サイト一覧

 

 

  • そふといちばガイド(執筆中)

プロフィール


管理人:ラグナロク
 
男と女が1対1で行っているハメ撮りを誰よりも愛する者。大勢のスタッフに囲まれて撮影されたAVなど無価値。男の“我欲”、女の“素”、そして大金に目が眩んで出演してしまったことによる“背徳感”が漂う映像こそ至高。
 
[好き]キス同時正常位
[嫌い]プロ女、3P
 
はじめにお読みください

カテゴリー

過去記事ランダムPick Up

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

FC2コンテンツマーケット人気商品

このページの先頭へ